殿堂 出雲殿グループが掲げる
大規模葬ブランド

御供物のご注文はこちら

社葬について

社葬について

社葬とは、創業者など会社に多大な貢献を果たした人物が亡くなった際に、企業が主催者となり故人を追悼するもの。 故人を尊び、讃えるとともに、今後の経営姿勢を社内外に示す、事業承継のための大切な儀式です。 創業者・経営者の逝去という大きな危機を、一丸となって乗り越え、次代へバトンを繋ぐお手伝いを致します。

社葬の意義

  1. 1 社外の認知と信頼が高まります。
    儀礼を大切にし、会社の危機管理体制を示すことで、社外の認知と信頼が高まります。
  2. 2 社内の求心力が向上します。
    社員が参加し企画運営することで、先人の理念を継承すると共に、社内体制の強化に繋がります。
  3. 3 遺族の金銭面の負担が減ります。
    社葬の一部は会社の福利厚生費として計上できるため、ご遺族の負担を軽減できます。

葬儀の種類

社葬

近親者による個人葬(密葬)が行なわれてから数週間後に、企業が主催者となって社葬(本葬)を実施します。今後の営業姿勢や事業承継を社内外にしっかりと伝えることができる大切な儀式です。

葬儀の流れと費用

合同葬

個人葬と社葬を同時に執り行います。葬儀までの準備期間は短くなりますが社葬費用を抑えられるメリットもあり、これまで社葬を行わなかった企業が合同葬を選ぶケースが増えています。

葬儀の流れと費用

お別れの会

密葬の後に本葬の代わりとして開催します。内容に関する決まりはほとんどなく、通常の葬儀に倣った儀式を執り行ったりパーティー要素を強くしたりと、自由度の高さが特徴です。

葬儀の流れと費用